トレンドニュースblog

トレンドニュースやトレンドについて紹介していきます。

逮捕:六本木ショークラブ「バーレスク東京」経営者の風営法違反

六本木ショークラブ「バーレスク東京」経営者の風営法違反

東京・六本木の人気ショークラブ「バーレスク東京」の経営者が風営法違反の疑いで逮捕されました。このクラブは無許可で従業員の女性たちに客を接待させていたとされています。警察は営業実態を詳しく調査しており、店の売り上げが月平均2億円にも上るほどの人気店であったことが明らかになっています。

 

この事件では、東京港区六本木のショークラブ「バーレスク東京」を経営する内藤良太容疑者(51)が逮捕されました。内藤容疑者は去年11月、風俗営業の許可を得ずに女性従業員に客を接待させたなどの風営法違反の疑いが持たれています。

 

バーレスク東京では、女性従業員が水着や下着姿でダンスをし、客席まで降りて接待するなどの過激な接客が行われていました。また、深夜1時以降には追加料金を支払い、気に入った女性従業員と酒を飲む時間が設けられていたとの報道もあります。

 

この事件は、愛知県警察本部が先月末に名古屋市内の系列店を摘発した後、東京でも同様の疑いが浮上し、警察の捜査が進められていました。

 

バーレスク東京の外部接待に問題

問題の内容:

- バーレスク東京では、女性従業員が客に対して過激な接待を行っていたと報道されています。

- 女性従業員が水着や下着姿でダンスをし、客席まで降りて接客するなど、過激なパフォーマンスが行われていたとされています。

- また、客が追加料金を支払い、気に入った女性従業員と酒を飲む時間を設けるなど、特別な接待が行われていたとも報じられています。

 

問題の影響:

- バーレスク東京の外部接待の問題は、風営法違反として捉えられ、経営者が逮捕されるなどの法的な影響を受けています。

- この事件は、バーレスク東京のみならず、名古屋の系列店にも波及し、摘発されるなど、広範な影響が出ています。

 

対応策:

- 当局は、バーレスク東京の営業実態を詳しく調査しており、風営法違反の取り締まりを強化しています。

- このような問題を未然に防ぐためには、風営法の遵守や適切な営業管理が重要です。経営者や従業員は、法令を遵守し、適切な接客を行うように努める必要があります。

 

バーレスク東京女性従業員の問題点アフターパーティーの存在

深夜1時以降には「アフターパーティー」として追加の金を支払い、気に入った女性従業員と酒を飲む時間が設けられていたという報道もありました。

 

これらの問題点により、バーレスク東京は経営者の逮捕を受けて臨時休業となり、営業体制の見直しを行うことを発表しました。