トレンドニュースblog

トレンドニュースやトレンドについて紹介していきます。

芥川賞と直木賞の違いを比較!わかりやすく選考基準から作品傾向まで説明!

芥川賞 直木賞 違い

芥川賞直木賞は、日本の文学界で非常に有名な文学賞ですが、それぞれにはいくつかの違いがあります。

 

芥川賞

- 芥川賞は、新進作家による純文学の中・短編作品から選ばれます。

- 対象作品は、雑誌(同人雑誌を含む)に発表されたものです。

- 芥川賞は、芥川龍之介賞とも呼ばれ、芥川龍之介という日本を代表する純文学作家にちなんで名付けられました[。

 

直木賞

- 直木賞は、新進・中堅作家によるエンターテインメント作品の単行本(長編小説もしくは短編集)が対象です。

- 対象作品は、大衆小説としての要素を持つものです。

- 直木賞は、直木三十五賞とも呼ばれ、直木三十五という日本の小説家、脚本家、映画監督にちなんで名付けられました。

 

両賞の違いをまとめると以下のようになります:

- 芥川賞は純文学の中・短編作品に焦点を当て、直木賞はエンターテインメント作品の単行本に焦点を当てています。

- 芥川賞は雑誌に発表された作品が対象であり、直木賞は単行本が対象です。

- 芥川賞芥川龍之介にちなんで名付けられ、直木賞直木三十五にちなんで名付けられました。

 

芥川賞直木賞はどっちがすごい?

芥川賞直木賞は、日本の文学界で非常に権威のある賞ですが、それぞれ異なる特徴や選考基準を持っています。以下に芥川賞直木賞の特徴や選考基準について詳しく説明します。

 

芥川賞の特徴と選考基準:

- 正式名称は「芥川龍之介賞(あくたがわりゅうのすけしょう)」であり、純文学の新人作家が選考対象となっています。

- 芥川龍之介は日本を代表する作家であり、芥川賞は彼の名前を冠しています。

- 芥川賞では、芸術性に重きを置いた純文学作品が選考対象となっています。

- 選考委員は文学界で高く評価されている人や代表作がある人が選ばれ、在任期間は特に決まりはありません。

 

直木賞の特徴と選考基準:

- 正式名称は「直木三十五賞(なおきさんじゅうごしょう)」であり、創設当初は無名もしくは新人作家による大衆小説作品が対象でしたが、現在は中堅作家の大衆小説作品が対象となっています。

- 直木三十五は日本を代表する小説家であり、直木賞は彼の名前を冠しています。

- 直木賞では、娯楽性に重きを置いた大衆小説作品が選考対象となっています。

- 選考委員は直木賞を受賞した人やノミネートされたことのある人で構成されており、在任期間は人によって異なります。

 

どちらがすごいか、という質問に対しては一概には言えません。芥川賞直木賞はそれぞれ異なる土俵であり、受賞作家も異なります。一般的な知名度としては、芥川賞の方が有名であると言えるかもしれませんが、これはあくまで一面的な見方です。

 

両方の賞を受賞した作家は過去に一人もいませんし、両方の賞に候補として選ばれた作品が受賞することもありません。対象となるジャンルや選考基準が異なるため、両方の賞に候補として選ばれること自体が珍しいです。

 

芥川賞直木賞の違いを解説

芥川賞直木賞は、日本の文学界で非常に有名な文学賞ですが、それぞれには以下のような違いがあります。

 

芥川賞の特徴:

- 対象作品は、新進作家による純文学の中・短編作品です。

- 芥川賞は、雑誌(同人雑誌を含む)に発表された作品から選ばれます。

- 芥川賞は、芥川龍之介賞とも呼ばれ、芥川龍之介という日本を代表する純文学作家にちなんで名付けられました。

- 受賞作品には、独創性に富んだ短編小説が多く選ばれます。

 

直木賞の特徴:

- 対象作品は、新進・中堅作家によるエンターテインメント作品の単行本(長編小説もしくは短編集)です。

- 直木賞は、直木三十五賞とも呼ばれ、直木三十五という日本の小説家、脚本家、映画監督にちなんで名付けられました。

- 受賞作品には、大衆小説やエンターテイメント作品が多く選ばれます。

 

両賞の違いをまとめると以下のようになります:

- 芥川賞は純文学の中・短編作品に焦点を当てており、直木賞はエンターテインメント作品の単行本に焦点を当てています。

- 芥川賞は雑誌に発表された作品から選ばれるのに対し、直木賞は単行本が対象となります。

 

芥川賞直木賞の取った人の一覧

芥川賞受賞者一覧:

- 169回(2023年上半期):市川沙央「ハンチバック」

 

- 168回(2022年下半期):井戸川射子「この世の喜びよ」

 

- 168回(2022年下半期):佐藤厚志「荒地の家族

 

- 167回(2022年上半期):高瀬隼子「おいしいごはんが食べられますように」

 

- 166回(2021年下半期):砂川文次「ブラックボックス

 

- 165回(2021年上半期):石沢麻依「貝に続く場所にて」

 

- 165回(2021年上半期):李琴峰「彼岸花が咲く島」

 

- 164回(2020年下半期):宇佐見りん「推し、燃ゆ」

 

- 163回(2020年上半期):高山羽根子首里の馬」

 

- 163回(2020年上半期):遠野遥「破局

 

- 162回(2019年下半期):古川真人「背高泡立草」

 

- 161回(2019年上半期):今村夏子「むらさきのスカートの女」

 

- 160回(2018年下半期):上田岳弘「ニムロッド」

 

- 160回(2018年下半期):町屋良平「1R1分34秒」

 

- 159回(2018年上半期):高橋弘希送り火

 

- 158回(2017年下半期):若竹千佐子「おらおらでひとりいぐも」

 

- 158回(2017年下半期):石井遊佳百年泥

 

- 157回(2017年上半期):沼田真佑「影裏」

 

- 156回(2016年下半期):山下澄人「しんせかい」

 

- 155回(2016年上半期):村田沙耶香コンビニ人間

 

- 154回(2015年下半期):滝口悠生「死んでいない者」

 

- 154回(2015年下半期):本谷有希子異類婚姻譚

 

- 153回(2015年上半期):羽田圭介「スクラップ・アンド・ビルド」

 

- 153回(2015年上半期):又吉直樹「火花」

 

- 152回(2014年下半期):小野正嗣「九年前の祈り」

 

- 151回(2014年上半期):柴崎友香「春の庭」

 

- 150回(2013年下半期):小山田浩子「穴」

 

- 149回(2013年上半期):藤野可織「爪と目」

 

芥川賞受賞者一覧:

- 169回(2023年上半期):市川沙央 『ハンチバック』

 

- 168回(2022年下半期):井戸川射子 『この世の喜びよ』

 

- 168回(2022年下半期):佐藤厚志 『荒地の家族』

 

- 167回(2022年上半期):高瀬隼子 『おいしいごはんが食べられますように』

 

- 166回(2021年下半期):砂川文次 『ブラックボックス

 

- 165回(2021年上半期):石沢麻依 『貝に続く場所にて』

 

- 165回(2021年上半期):李琴峰 『彼岸花が咲く島』

 

- 164回(2020年下半期):宇佐見りん 『推し、燃ゆ』

 

- 163回(2020年上半期):高山羽根子 『首里の馬』

 

- 163回(2020年上半期):遠野遥 『破局

 

- 162回(2019年下半期):古川真人 『背高泡立草』

 

- 161回(2019年上半期):今村夏子 『むらさきのスカートの女』

 

- 160回(2018年下半期):上田岳弘 『ニムロッド』

 

- 160回(2018年下半期):町屋良平 『1R1分34秒』

 

- 159回(2018年上半期):高橋弘希 『送り火

 

- 158回(2017年下半期):若竹千佐子 『おらおらでひとりいぐも』

 

- 158回(2017年下半期):石井遊佳 『百年泥

 

- 157回(2017年上半期):沼田真佑 『影裏』

 

- 156回(2016年下半期):山下澄人 『しんせかい』

 

- 155回(2016年上半期):村田沙耶香 『コンビニ人間

 

- 154回(2015年下半期):滝口悠生 『死んでいない者』

 

- 154回(2015年下半期):本谷有希子 『異類婚姻譚

 

- 153回(2015年上半期):羽田圭介 『スクラップ・アンド・ビルド』

 

- 153回(2015年上半期):又吉直樹 『火花』

 

- 152回(2014年下半期):小野正嗣 『九年前の祈り』

 

- 151回(2014年上半期):柴崎友香 『春の庭』

 

- 150回(2013年下半期):小山田浩子 『穴』

 

- 149回(2013年上半期):藤野可織 『爪と目』

 

芥川賞直木賞の選考基準

芥川賞直木賞は、日本の文学界で最も権威のある文学賞です。それぞれ異なる選考基準を持っており、異なるジャンルの作品を対象としています。

 

芥川賞の選考基準:

- 芥川賞は、新進作家による純文学の中・短編作品から選ばれます。

- 新人か無名かどうかが重要な要素となっており、新人作家の活躍を後押ししたり、世間的にあまり知られていない作家に脚光を浴びせることを目的としています。

- 純文学作品であることが選考基準の一つであり、作家の思想や作者独自の文体が現れた芸術性豊かな作品を重視します。

- 短編・中編作品が対象であり、作品の長さも選考基準の一つです。一般的には原稿用紙100枚~200枚程度の作品が受賞していますが、短編・中編の線引きには曖昧なところもあります。

 

直木賞の選考基準:

- 直木賞は、新進・中堅作家によるエンターテインメント作品の単行本(長編小説もしくは短編集)が対象です。

- エンターテインメント性や読者の楽しみを重視し、大衆に受け入れられる作品を選考します。

- 直木賞は、商業的な成功や読者の支持を受けることを目指す作品に焦点を当てています。

 

以上が芥川賞直木賞の選考基準の概要です。それぞれの賞は異なるジャンルや文学の側面を評価し、日本の文学界において重要な位置を占めています。

 

芥川賞直木賞の対象となる作品の違い

芥川賞直木賞は、日本の文学賞であり、それぞれ異なる対象の作品が選考されます。

 

芥川賞の対象作品は、雑誌に掲載されている作品です。これには、一般の雑誌や同人雑誌などが含まれます。一方、直木賞の対象作品は、書籍として出版されている作品です。

 

芥川賞は、優れた純文学を書いた新人作家に与えられる文学賞です。芥川龍之介という日本を代表する純文学作家の名前を冠しています。

 

直木賞は、無名や新人、または中堅作家による大衆小説に与えられる文学賞です。直木三十五という小説家、脚本家、映画監督の名前を冠しています。

 

芥川賞は短編から中編の作品が対象となります。一方、直木賞は短編から長編の作品が対象となります。

 

両賞の選考基準や対象作家の範囲にも違いがあります。芥川賞は無名から新人作家がメインであり、新人の登竜門となっています。一方、直木賞は無名から中堅作家がメインですが、最近では中堅作家が主に選ばれる傾向があります。

 

両賞の受賞者には、芥川賞では懐中時計と100万円の賞金が授与されます。直木賞でも同様に懐中時計と100万円の賞金が贈られます。

 

芥川賞直木賞の選考委員の違い

芥川賞直木賞は、日本の文学界で最も権威のある文学賞です。選考委員は、それぞれの賞の特徴や目的に基づいて選ばれています。

 

芥川賞の選考委員は、純文学の分野で活躍する作家や文学評論家など、文学に精通した専門家が務めています。彼らは、芥川賞の対象となる純文学の中・短編作品を評価し、優れた作品を選びます。芥川賞は、芥川龍之介の名前を冠した賞であり、彼の文学的な遺産を継承することを目的としています。

 

一方、直木賞の選考委員は、大衆小説の分野で活躍する作家や編集者など、大衆小説に詳しい専門家が務めています。彼らは、直木賞の対象となる大衆小説の中・長編作品を評価し、優れた作品を選びます。直木賞は、直木三十五の名前を冠した賞であり、彼の大衆小説への貢献を称えることを目的としています。

 

両賞の選考委員は、それぞれの賞の特徴や目的に基づいて選ばれており、異なる文学ジャンルに精通した専門家が選考に携わっています。

 

芥川賞直木賞の作品傾向の違い

芥川賞直木賞は、日本の文学賞の中でも特に有名な賞ですが、それぞれの作品傾向には以下のような違いがあります。

 

芥川賞の作品傾向:

- 純文学を重視しており、芸術性や形式に対する評価が高いです。

- 短編小説や中編小説が多く、文章の美しさや表現方法の多彩さが評価されます。

- 新人作家に与えられることが多く、若手作家の登竜門としての役割も果たしています。

 

直木賞の作品傾向:

- 大衆小説を重視しており、娯楽性や商業性に対する評価が高いです。

- 短編小説から長編小説まで幅広い作品が対象となります。

- 無名から中堅作家まで幅広い作家が受賞しており、直木賞は大衆文学の代表的な賞とされています。

 

おすすめの作品

芥川賞直木賞の受賞作品は、日本の文学界で高い評価を受けています。以下は、それぞれの賞からおすすめの作品をいくつかご紹介します。

 

芥川賞のおすすめ作品:

- 「蜘蛛の糸」(芥川龍之介

- 「河童」(芥川龍之介

- 「羅生門」(芥川龍之介

 

直木賞のおすすめ作品:

- 「南国太平記」(直木三十五

- 「砂の女」(安部公房

- 「蒼穹の昴」(辻邦生

 

これらの作品は、それぞれの賞の特徴や作品傾向を代表するものとして知られています。

 

芥川賞 直木賞 賞金

芥川賞直木賞は、日本の文学界で最も権威のある文学賞です。これらの賞は、毎年著名な作家たちによって選ばれた優れた作品に贈られます。受賞者には、名誉と賞金が与えられます。

 

芥川賞は、小説部門の最高賞であり、直木賞は、小説以外のジャンル(エッセイ、評論、詩など)に贈られる賞です。受賞作品は、その年の文学界で注目され、多くの読者に読まれることが期待されます。

 

受賞者には、正賞として懐中時計が贈られます。また、副賞として賞金が支給されます。芥川賞直木賞の賞金額は、どちらも100万円です。これは、作家にとっては大きな励みとなるでしょう。

 

ただし、賞金は所得税の対象となります。芥川賞直木賞の受賞者は、賞金を受け取る際に所得税を支払う必要があります。ただし、芸術関係の奨励金は所得税が非課税になる場合もありますが、芥川賞直木賞はその対象外です。

 

賞金は、作家にとっては名誉と共に喜ばしいものですが、税金の面でも考慮が必要です。受賞者は、所得税の一時所得として賞金を申告し、税金を納める必要があります。

 

芥川賞直木賞の副賞と特典

芥川賞直木賞は、日本文学界で最も権威のある文学賞です。これらの賞を受賞すると、様々な副賞や特典が与えられます。

 

芥川賞の副賞と特典:

- 懐中時計:芥川賞の受賞者には、正賞として懐中時計が贈られます。

- 賞金:芥川賞の受賞者には、副賞として100万円の賞金が授与されます。

 

直木賞の副賞と特典:

- 懐中時計:直木賞の受賞者にも、芥川賞と同様に正賞として懐中時計が贈られます。

- 賞金:直木賞の受賞者にも、副賞として100万円の賞金が授与されます。

 

これらの副賞や特典は、芥川賞直木賞の受賞者にとって名誉なものです。賞金はあくまでおまけであり、文学界での評価や認知度が受賞者にとって重要な要素となります。

 

芥川賞直木賞の受賞者の経済的メリット

芥川賞直木賞の受賞者は、文学界で非常に権威のある賞を受けることができます。これにより、受賞者にはいくつかの経済的メリットがもたらされる可能性があります。以下に、芥川賞直木賞の受賞者の経済的メリットについて詳しく説明します。

 

1. 名声と評価の向上: 芥川賞直木賞の受賞は、作家の名声と評価を大きく向上させることができます。これにより、受賞者はより多くの読者や出版社の注目を集めることができ、作品の売り上げや印税収入の増加につながる可能性があります。

 

2. 出版機会の増加: 芥川賞直木賞の受賞は、出版社からの出版依頼や新しい作品の執筆依頼を受ける機会を増やすことができます。受賞者は、受賞後に新しい作品を発表する機会を得ることができ、それによって収入を増やすことができるでしょう。

 

3. 講演や執筆の依頼: 芥川賞直木賞の受賞者は、文学界での知名度が高まることにより、講演や執筆の依頼を受ける機会が増える可能性があります。これにより、受賞者は講演料や執筆料などの追加収入を得ることができます。

 

4. 海外での翻訳や映画化の機会: 芥川賞直木賞の受賞は、作品が海外で翻訳されたり映画化される機会を増やすことができます。これにより、受賞者は海外での知名度が高まり、海外市場での収入を得ることができるでしょう。

 

以上が、芥川賞直木賞の受賞者の経済的メリットの一部です。受賞によって作家の名声や評価が向上し、出版機会や収入の増加、さらには講演や執筆の依頼、海外での翻訳や映画化の機会が増える可能性があります。